アメリカン・エキスプレス
海外ホテルトップ > ホテルの賢い使い方 > 私が見たアメリカのホテル > ホテル内のレストランに見る時代の流れ
私が見たアメリカのホテル

アメリカの一流ホテルで日本人マネージャーとして10年間勤務した著者が、日々の仕事の中でふと目にしたシーンから、日米の文化的な違い、考え方の背景にあるものなどをつづります。 著者紹介はこちら>>

第146回

ホテル内のレストランに見る時代の流れ

ホテルイメージ

1900年初頭から1980年くらいまでに建てられた多くの高級ホテルには有名なレストランがあった。それらは収益を生み出すメジャーな場所として存在した。私が働いていたプラザホテルにあったレストランもどれも有名店ばかり。ジョンレノンがよく来た「オイスターバー」、ミュージカルの生みの親と言われたウイリアム・コーヘンが毎晩通った「オークルーム」、映画コットンクラブの撮影で使われた「エドワーデイアンルーム」、そして、世界一美しいカフェと言われた「パームコート」。それらが、ホテル内で食事をする楽しみを作り出していた。

だが、街にセレブシェフが経営するレストランや、個性的な料理を出す高級レストランが増えてくると、ホテルのレストランの人気は下火になって行った。アメリカは儲けを優先する社会ゆえ、ホテルのレストラン経営には無理があると判断されるや、利用頻度の高い朝食だけを用意する場を設けるだけに切り替わっていった。 それから数十年を経て、再び、ホテル内にある人気レストランが栄える時代が戻ってきた。そのほとんどはブテイックホテルの中にオープンしている。洒落たアンティーク調のレストランを造るため、腕自慢のシェフがテナントとして入りだしたことで、こうした現象が起こった。雰囲気と味が良ければ、ネットで話題となり、人びとがやってくる。

グリニッジホテルの中にあるイタリアンレストラン「ロカンダ・ヴェルデ」は予約を取ることさえ難しいレストラン。キンプトンホテル・エバンテの中にあるイタリアンレストラン「ラミコ」と「ザヴァイン」はともに大人気。ザビークマンホテルの中にある2軒のレストラン、「テンプルコート」と「オーガステイン」は、1883年のアンテイークビルの中にある最高の雰囲気を醸し出すレストランとして注目を集めている。こうしたレストランはほとんど有名シェフによって運営されている。 ホテルがレストラン運営をしても、もはや腕のよいシェフに巡り会えないかぎり成功はない。そして、今の時代、腕のよいシェフは独立しているから、ほとんどの場合、テナントとして場所を貸すことでしか、彼らの力は得られない。

ブティックホテルは洒落たレストランスペースを造り、腕自慢のシェフに比較的安い値段でスペースを貸す。そして、売上に比例して、追加のレンタルフィーを取る契約内容にしている。シェフにとっては、この契約はリスクが低いので、借りやすく、双方にとってメリットとなる。こうした方式でホテルが人気レストランを館内にもつトレンドがマンハッタンに広がっている。

関連コラム

私が見たアメリカのホテル バックナンバー
奥谷啓介氏

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

・奥谷 啓介オフィシャルサイト

<著者紹介>

・超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

超一流の働き方

・なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

・はえくんの冒険(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)

ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

はえくんの冒険

・サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

・海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

海外旅行が変わる ホテルの常識

・世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

世界最高のホテル プラザでの10年間

このページの先頭へ戻る

貯めたポイントでマイルをゲット!
 
  • クチコミ投稿でアップルポイントを貯めよう!貯めたポイントでマイルをゲット!