私が見たアメリカのホテル

アメリカの一流ホテルで日本人マネージャーとして10年間勤務した著者が、日々の仕事の中でふと目にしたシーンから、日米の文化的な違い、考え方の背景にあるものなどをつづります。 著者紹介はこちら>>

第136回

ユニオン(労働組合)の必要性

ホテルイメージ

日本からニューヨークのホテルを買いに来る人たちが口を揃えて言うことがある。「ユニオン(労働組合)に加盟しているホテルは買いません」

ユニオンとの契約上、よほどの理由がない限り、ユニオンに入っているスタッフ(ユニオンワーカー)を解雇することはできない。それにあぐらをかき、態度の悪いスタッフがいる。少々注意したぐらいでは、アメリカの国民性を持った人は態度を改めない。また、ユニオンワーカーの利益を守るための契約もある。たとえば、ゲストの荷物は、ベルマン以外のスタッフが持ってはいけないという決まりがある。チップがベルマンに払われなくなるのを防ぐためだ。そうしたことがサービス向上の足枷となるので、ユニオンに加盟しているホテルは買いたくないというのが彼らの論理。

だが、もう一方で考えなければならないことがある。それはニューヨークのスタッフの高離職率。フロントスタッフあたりは2年働けばベテランと言っても過言ではない。通常は1年程度で辞めていく。辞めれば、補充をしなくてはならない。それにはお金もかかるし、新人ばかりのスタッフではサービス向上がはかれるはずもない。

大手ホテルチェーンは離職率を下げるため、様々な福利厚生プログラムを用意している。最も効果的なものが、同傘下のホテルに泊まる場合には、部屋とレストランでディスカウントが受けられるというもの。昔は、“バケーションで使うときには、年間10泊まで傘下のホテルが無料で泊まれる”などというプログラムがあった。

残念ながら、スタッフをキープするためのこうしたプログラムを、日本のホテル会社が用意することはほぼ不可能。まず、それだけの数のホテルがアメリカ国内にない。そして、充実したプログラムがなければ、離職率を下げられず、不慣れなスタッフによるオペレーションを行わなければならない。これを防げるとしたら、並外れた給与を払うことだけになる。大きな目で見れば、ユニオンに入っているホテルを買い、ベテランスタッフで運営したほうが、良い結果となることのほうが多い。アメリカのホテル運営のポイントは、人材の優劣に関係なく、優れたサービスが提供できるシステムを作れるかいなかにかかっているからだ。

よく使われる比喩に、“日本人は山を前にしたときに、森を見ずに、木を見る”というものがある。アメリカで、その習慣をもとにビジネスを行えば、前途多難を自ら作り出すことになる。

関連コラム

私が見たアメリカのホテル バックナンバー
奥谷啓介氏

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

・奥谷 啓介オフィシャルサイト

<著者紹介>

・超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

超一流の働き方

・なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

・はえくんの冒険(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)

ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

はえくんの冒険

・サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

・海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

海外旅行が変わる ホテルの常識

・世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

世界最高のホテル プラザでの10年間

このページの先頭へ戻る

大好評!アップルくんポイント
立地で選ぶソウルの人気おすすめホテル
  • 緊急コールセンター
海外でのトラブルや、現地での旅のお手伝いは緊急コールセンターにおまかせ下さい。安心・確実な旅を日本語でサポートします。
  • 空港からのアクセス
主要な都市の、空港から市内までのアクセスをまとめました。