私が見たアメリカのホテル

アメリカの一流ホテルで日本人マネージャーとして10年間勤務した著者が、日々の仕事の中でふと目にしたシーンから、日米の文化的な違い、考え方の背景にあるものなどをつづります。 著者紹介はこちら>>

第134回

ホテルとエアラインが統合した時代

ホテルイメージ

1945年の春、フランクリンルーズベルト大統領とパンアメリカン航空のCEOファン・トリップは、中南米における米国資本の拡大について話し合いを行った。ファン・トリップは、パンアメリカン航空が乗り入れている都市にホテルを運営することを提案。大統領の承認の下、政府の援助を受け、翌年、インターコンチネンタルホテルが誕生した。

遅れて、1967年に、パンアメリカン航空のライバルだったトランスワールド航空がヒルトンインターナショナルを買収する。1970年には、ユナイテッド航空とウエスティンホテルズが同じ持株会社の傘下で連結した。ヨーロッパでも、1972年にエールフランス航空がル・メリデイアンホテルを設立し、1970年にルフトハンザ航空が、ヨーロッパ最古のホテルチェーン、ケンピンスキーホテルズを買収した。約50年前、ホテルとエアラインが組んで互いのビジネスを伸ばそうと盛んに動いた時代があった。

現在、日本を例外として、ホテルとエアラインが資本提携のもとにビジネス展開しているところはほぼ消えた。まだホテルの数が少なかった時代には、“ユナイテッド航空利用者には、ウエスティンホテルが特別料金で泊まれます”というようなPRが集客ツールとなった。だが、ホテル数が増えるにつれ、1社の飛行機会社とつながっていることが、逆にホテルの足を引っ張る事態を引き起こしだした。ユナイテッド航空を利用している人に特典を与えるホテルから、デルタ航空を利用している人は遠ざかるようになる。ホテルはたくさんあるのだから、なにも特定の人だけに特典を与えるホテルに泊まる必要もない。また、株主たちからの不満があがることもある。航空会社の業績がよいときに、ホテルの業績が悪ければ、株主たちは「ホテルを切れ」と言い出す。そして、株式会社である以上、株主の意見を無視することはできない。

かって、ユナイテッド航空、ウエスティンホテルズ、ハーツレンタカー、ヒルトンインターナショナルを傘下においた持株会社UAL INCが、総合旅行業を目指し、アリージェスコーポレーションを設立したことがあった。だが、周囲の期待とは裏腹に、この構想は1年ともたなかった。「ユナイテッド航空の業績はいいのに、他の分野が足を引っ張っている。ユナイテッド航空だけにすればもっと儲かるのだから、別れろ」という株主たちからの声が、崩壊の主な理由だった。ながい目で見たら、あのとき崩壊しなかったら、今頃、巨大企業となっていたかもしれないと思う人も少なくない。

だが、間違いなしに、時代はビジネスの効率化を計って動いていく。ホテルチェーンはエコノミーから最高級ランクまでのホテルを世界中の至るところに保有することで、より多くのゲストを囲い込める。エアラインは同業者同士でアライアンスを形成することで、自社が乗り入れていない場所に行くゲストも囲い込める。今は、これが最も効率的なマーケテイング方法となった。50年後は、どのような体系に変わっているのだろうか。

関連コラム

私が見たアメリカのホテル バックナンバー
奥谷啓介氏

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

・奥谷 啓介オフィシャルサイト

<著者紹介>

・超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

超一流の働き方

・なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

・はえくんの冒険(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)

ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

はえくんの冒険

・サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

・海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

海外旅行が変わる ホテルの常識

・世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

世界最高のホテル プラザでの10年間

このページの先頭へ戻る

大好評!アップルくんポイント
立地で選ぶソウルの人気おすすめホテル
  • 緊急コールセンター
海外でのトラブルや、現地での旅のお手伝いは緊急コールセンターにおまかせ下さい。安心・確実な旅を日本語でサポートします。
  • 空港からのアクセス
主要な都市の、空港から市内までのアクセスをまとめました。