ロンドン/イギリス

カフェ ロイヤル

1 2 3 4

リニューアルしてもなお漂う、華やかで豪奢な歴史の残り香

カフェロイヤルは、リージェントストリートといえばここと、140年以上もの長きにわたり名を馳せてきた超有名スポット。オスカー・ワイルド、バーナード・ショー、ヴァージニア・ウルフ等の文化人から政財界、ロイヤリティまで数知れないセレブリティを常連客にしてきた伝説のカフェバーでした。

建築家ジョン・ナッシュが陣頭指揮を執り、カフェロイヤルが大改装に入ったのは2008年のこと。国の文化財にも指定されているこの建物が、どんな変身を遂げるのか……さまざまな憶測が飛び交いましたが、ロンドンを代表するラグジュアリーホテルとして2012年に再オープン。新たな歴史を刻んでいくことになりました。

カフェ ロイヤル

客室は徹底したミニマルスタイル。直線を意識したスクエアなイメージの内装で、ローライズな家具類やアースカラーを基調とした色づかいは、どんなゲストにも落ち着きと安らぎを与えてくれるはず。障子風の引き戸と大理石を贅沢に使ったバスルームも快適さだけではない強い印象を残します。

かつてカフェロイヤルを訪れたことのある人は誰でも、その外観や館内に在りし日の面影が色濃く残されていることに感動したといいます。とりわけロビーやダイニングなどのパブリックスペースの美しさは圧倒的で、観光客からビジネス接待まで昼夜とも常に満席状態。オリンピックを機に取り戻しつつあるロンドンの活気を肌で感じることができるでしょう。

MAP 詳細を見る


ロンドン/イギリス

ME ロンドン

1 2 3 4

メリアの「ME」は私の「ME」! 永遠の「若者」を虜にするおしゃれ魂

MEはスペインのホテルグループ、メリアのブランド。モダンで最先端のカルチャーを反映した個性派ホテルとして、大都市や人気リゾートを中心にプロパティを増やしている注目の存在です。ロンドンのMEが居を構えるのは、かつてBBCの放送局があったウオータールー橋のたもと。手がけたのは、数々の受賞歴を持つフォスター+パートナーズです。

ベースとなるのは黒、白、グレー、ダークブラウンといったシャープでクールなカラーリング。装飾を極力排し、機器・備品もシンプルなデザインで統一するなど、どこまでもスタイリッシュ一直線。ルームカテゴリーには「オーラ」「ヴァイブ」「モード」等のクセのあるネーミングを施し、アートやカルチャーにこだわるゲストのプライドをくすぐります。

ME ロンドン

白壁の室内は、日中は外光を取りこんで明るく爽快な空間を提供しますが、夕刻になると表情は一変。明かりはギリギリまで光度を落とした間接照明だけになるため、どこか危険で妖しいムードが漂います。ベッドサイドの集中リモコンは英語が苦手な人でも使いやすいアイコン式。天候や各種情報も収集できる優れモノなので、スマホを忘れても心配いりません。

このホテルに滞在するなら、ロンドンのトレンディピープルが集結するダイニングの探索は外せません。その昔ロンドンで無線電信を実用化し、わずか23歳で時の人となったマルコーニの名を冠したラウンジ、ロンドンのスカイラインを一望する「ラジオ・ルーフトップバー」、新鮮な食材を使った素朴なイタリアンが人気の「クチーナ・アゼリーナ」と、いずれも大人気のナイトスポットです。

MAP 詳細を見る

PREV TOP 1 2 3 4 5 6 7 NEXT
 
 

こちらもおすすめ!海外ホテル特集 バックナンバー

  • アジア
  • オセアニア
  • アメリカ・ハワイ
  • カナダ・中南米
  • ヨーロッパ・中近東

このページの先頭へ戻る

  • 貯めたポイントでマイルをゲット!
 

旅先のトラブルは現地で解決!海外アシスタンスサービス

 
老舗ホテルで過ごすオペラ&カフェ三昧のウィーン
 

人気ホテルランキング

マリーナ ベイ サンズ

1位

★★★★★

マリーナ ベイ サンズ

(シンガポール/シンガポール)

¥44,700 ~

ホテル ミケランジェロ

2位

★★★★

ホテル ミケランジェロ

(ミラノ/イタリア)

¥13,000 ~

ベスト ウェスタン プラス ホテル 香港

3位

★★★★

ベスト ウェスタン プラス ホテル 香港

(香港/香港)

¥8,400 ~

ヒルトン ミラノ

4位

★★★★

ヒルトン ミラノ

(ミラノ/イタリア)

¥17,800 ~

ホテル ル ぺラ

5位

★★★★

ホテル ル ぺラ

(パリ/フランス)

¥16,400 ~

今週のランキングを見る≫

 
アップルポストくん みんなのお便り待ってます