私が見たアメリカのホテル

アメリカの一流ホテルで日本人マネージャーとして10年間勤務した著者が、日々の仕事の中でふと目にしたシーンから、日米の文化的な違い、考え方の背景にあるものなどをつづります。 著者紹介はこちら>>

第43回

ホテルのマーケティング戦略

ホテルイメージ 私は1994年の11月にプラザに就職した。そのときは、ドナルドトランプ氏がオーナーで、ウエスィンホテルズとプラザの関係はマーケティング契約だった。もともと、長きに渡りウエスティンホテルズがプラザのオーナーで、トランプ氏は、その間、なんどかウエスティンに売買交渉を持ちかけていた。トランプ氏はプラザを“ニューヨークのクラウンジュエリー(王冠)”と呼び、小さな頃からプラザにあこがれていたという。だがウエスティンが首を縦に振ることはなかった。

1988年に、ウエスティンホテル全体が青木建設に買収され、ついにトランプ氏の望みが叶うときがきた。トランプ氏はプラザを買収し、独自に運営するために、プラザオペレ―テイングパートナーズという会社を設立して優秀な人材を他のホテルから引き抜いた。その1人に、ウオルドルフアストリアの営業部長がいた。彼は、いくらプラザと言えど、800室ものホテルの集客は難しいと判断し、ウエスティンホテルのひとつのホテルとして世界中で販売を続けるように、マーケティング契約を結んだのだ。当時、ウエスティンホテルズはプラザにマネージメント(運営)契約をすることを望んだが、今度はトランプ氏がそれを受け入れることはなかった。

1990年後半になると、トランプ氏の勢いにも陰りが見え始め、1997年にはプラザを手放さなくてはならなくなる。新しいオーナーは、サウジアラビアの王子、アルワリ―ド氏と、シンガポールのCDL。アルワリ―ド氏がフェアモントホテルズのオーナーであったことから、プラザはフェアモントホテルズが運営するホテルとなり、ウエスティンとのマーケティング契約は終わりを迎える。今でこそ、フェアモントホテルズは世界一の最高級ホテルチェーンとして数多くのホテルを世界中に持っているが、当時は数えるほどしかなく、とてもインターナショナルホテルチェーンと言えるものではなかった。だが、ホテルマネージメントカンパニ―である以上、ウエスティンホテルズとのマーケティング契約を続けることは許されない。そこで、彼は、マーケティングだけを専門としている、リーディングホテルズオブザワールドと契約を結び、世界市場でのプラザのネットワークを確保する戦略をとった。

プラザをアメリカで知らない人はいない。おそらく、世界でもっとも知られているホテルのひとつだろう。だが、それでも単独のホテルとして動いていたら、800室の集客をするのに大変だ。だから、インターナショナルネットワークに入る道を常に選んできたのだ。今、多くの日本のホテルが集客に苦しんでいる。特に東京にあるホテルなら、プラザが行ったように、インターナショナルホテルチェーンのネットワークを利用する方法を考えるべきだ。

関連コラム

私が見たアメリカのホテル バックナンバー
奥谷啓介氏

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

・奥谷 啓介オフィシャルサイト

<著者紹介>

・超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

超一流の働き方

・なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

・はえくんの冒険(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)

ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

はえくんの冒険

・サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

・海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

海外旅行が変わる ホテルの常識

・世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

世界最高のホテル プラザでの10年間

このページの先頭へ戻る

  • 貯めたポイントでマイルをゲット!
 
旅に役立つ小冊子 無料プレゼント!
 

旅先のトラブルは現地で解決!海外アシスタンスサービス

 
ぐるり台湾一周の旅
 
  • ただ今キャンペーン中!
ヘルシンキ一人旅
台北の人気ホテル!
アメリカ人気都市
 
アップルポストくん みんなのお便り待ってます
 
  • クチコミ大募集!